新着記事

昭和歌謡

河島英五「時代遅れ」の 歌詞の意味を考察!

この記事は、河島英五「時代遅れ」の 歌詞の意味を考察します。 河島英五は1975年、シンガーソングライターとしてデビューし、2001年に逝去するまで、一貫して自分の分身ともいえる、朴訥として不器用な男の姿を歌い続けてきました。 そんな不...
昭和歌謡

髙橋真梨子「桃色吐息」の 歌詞の意味を考察!

この記事は、髙橋真梨子「桃色吐息」の 歌詞の意味を考察します。 桃色吐息は1984年、髙橋真梨子の10枚目のシングルとしてリリースされました。 「ペドロ&カプリシャス」で若さゆえの苦い恋を歌っていた髙橋ですが、ソロ活動を始めてからは円熟...
昭和歌謡

麻丘めぐみ「わたしの彼は左きき」の歌詞の意味を考察!

麻丘めぐみ「わたしの彼は左きき」の歌詞の意味を考察します。清楚なルックスと優しい歌声で1970年代人気アイドルの麻丘めぐみ。歌詞に合わせた左手の振り付けが特徴の「わたしの彼は左きき」。麻丘めぐみ「わたしの彼は左きき」の歌詞の意味を読み解いていきます。
昭和歌謡

安全地帯「恋の予感」の歌詞の意味を考察!井上陽水の歌詞の魅力とは?

この記事は安全地帯「恋の予感」の 歌詞の意味を考察します。玉置浩二のハスキーヴォイスと哀切なメロディライン、井上陽水が綴る繊細な女心の心の柔らかなところをそっと甘噛みされるような歌詞。そんな安全地帯の名曲「恋の予感」の歌詞の意味を読み解いていきましょう。
タイトルとURLをコピーしました