カシオペヤ座の神話が簡単に分かる!星座の特徴、北極星の見つけ方は?

天体

この記事は、カシオペヤ座のギリシャ神話のあらすじ、星座の特徴、北極星の見つけ方を紹介します。

カシオペヤ座は、北極星の近くでWの形をしている身近な星座ですね。
あなたもこれを読めば、カシオペヤ座の神話、星座の特徴、北極星の見つけ方などを知ることができます。

それでは、日頃の喧騒から離れてしばしカシオペヤ座の神話と星座の世界へとご案内いたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

星座のモデルは神、人、動物などの生き物が大半を占めています。

人型の星座は、ほとんどが男性、女性は乙女座(豊穣の女神デメテル)、古代エチオピア王妃カシオペヤと王女アンドロメダの3体だけです。

動物に姿を変えたおおぐま座、うお座の2つのうちの片方アフロディーテ、人の一部であったかみのけ座なども一応、神話上は女性なのですが…。

男だらけの天空で、まさしく星のように美しく輝く女性の姿の星座…。

そのなかで、紀元前からその名を知られていた「カシオペヤ座」を紹介します。

カシオペヤ座はどんな星座、特徴は?

カシオペヤ座は北極星の近くにあり、1年中地平線に沈まない周極星です。

カシオペヤをかたちどる「W」の形は分かりやすく、北斗七星と並んで探しやすい星座です。

 

 

1年中見ることはできますが、一番の見頃は秋から冬にかけてです。

この時期には夜空もだんだんとクリアになってくるので、条件が整った場所ならカシオペヤのWの形の背景に天の川が見えるかもしれません。

カシオペヤ座は、天の川の中にあるので、美しい散光星雲や散光星団がたくさん存在しています。

そして、超新星が爆発した残骸が2つもあります。

1572年にティコ・ブラーエが観測した超新星の名残り「ティコの星」と、1667年ごろ爆発したといわれる「カシオペヤA」という天体があります。

しかし、天文学が発達しつつあった時代でも、現在のような観測技術もなく、リアルタイムでの記録は残っていません。

ちなみに名称ですが、「カシオペヤ」「カシオペア」「カッシオペイア」など様々ですが他の星座同様、各国の読み方の違いです。

1960年代半ばに日本では「カシオペヤ座」が正式名称となりましたが、現在でも「カシオペア」と表記されることも多く、どちらでも間違いではありません。

 

スポンサーリンク

カシオペヤ座のギリシャ神話は?

カシオペヤ座は、古代エチオピア王ケフェウスの王妃カシオペヤの姿です。

1説にはカシオペヤはヘルメス神の孫、神の末裔であるため、名実ともに神がかりの美しさだったようです。

カシオペヤの自分と娘アンドロメダの器量自慢がエスカレートしてしまい、神の侍女たちをもボロクソに言ってしまいます。
このことが海の神ポセイドンの逆鱗に触れ、罰としてアンドロメダが生贄(いけにえ)にされてしまいます。

ポセイドン

 

娘アンドロメダはポセイドンの遣わした怪物に飲み込まれる寸前、勇者ペルセウスに救われ一件落着。

ここまでがアンドロメダを中心としたケフェウス、カシオペヤ共通の古代エチオピア王国の神話ですが…。
(詳しくはアンドロメダ座を参照ください。)

【関連記事】
アンドロメダ座の神話はこちら▼

 

怒り心頭の海の神ポセイドンが「あれ、俺の差し向けた怪獣、殺されちゃったよ!」で終わるはずはありません。

娘を生贄(いけにえ)にするまで怒らせ、まんまと罰を逃れた張本人に神ポセイドンはジワジワと罰を下します。

 

ポセイドン
ポセイドン

ゆっくり待っててね、王妃カシオペヤ!

カシオペアザの星座絵を見ると、王妃カシオペヤは椅子に座って両手を上げています。
なぜ、そうなのでしょうか?

王妃カシオペヤが座ったまま、星座になった理由を紹介しましょう。

さて、アンドロメダがペルセウスの妻となりハッピーエンドの後、ここから海の神ポセイドンの逆襲が始まります。

しばらくはポセイドンから何もアクションはありません…。

ケフェウス王&カシオペヤ王妃夫妻は“触らぬ神に祟りなし”こちらから謝罪に行く勇気はなく、あえてスルーし続けます。とはいえ、いつ神からの制裁を受けるのか?と不安な日々。

 

ケフェウス
ケフェウス

そもそも、カシオペヤ。
神ポセイドンを怒らしたのはキミの失言が原因じゃないか!

カシオペヤ
カシオペヤ

そんな!アナタだってペルセウスに失礼なことをしたじゃない!

と、玉座の上でもアレやコレやと喧嘩が耐えませんでした。

神の裁きを恐れながら生きたカシオペヤも、いよいよ最期の時を迎えます。

カシオペヤ
カシオペヤ

神ポセイドンはお許し下さったのかしら?それともお忘れになったのかしら?
だったら良かったわ…長いこと疲れた。
これで、やっと解放される。

 

と思いながら、カシオペヤの魂は肉体を離れて行きました…。

ふと気づくと、カシオペヤは懐かしい王妃の椅子に座っていました。

 

 

そして、目の前で、あのポセイドンがニンマリ笑いながら立っていました。

 

ポセイドン
ポセイドン

ようこそ!天空アミューズメントへ、待ってたよ~カシオペヤ!
許したわけでも、忘れたわけでもないよ~!

罪、スルーした分、利子つけておいたから。

アンタの大好きなその王妃椅子に座って思う存分、天空アトラクションをお楽しみ下さい。
あ、利子の分、延長でエンドレスだから。遠慮しないで~

 

グゥイン~ガシッ!とシートベルトが降りて、カシオペヤを乗せた王妃の椅子は星空高く舞い上がります。

カシオペヤ
カシオペヤ

キャー!高い所コワイ。罪って、空で座っていれば償えるの?

…そんなに甘くはありません。

北極星のすぐ近くに置かれたカシオペヤの椅子は北極星を中心にグルグル回転します。

シートベルトをしていても今にも落ちそう。
真っ逆さまになり絶叫!スゴイ形相の自分が天の川に映ります。

戻ったと思ったら、また宙吊りで絶叫!
高所恐怖症のカシオペヤは生きた心地がしません。
(もう、死んでますけど…)

これが、神の裁き。
天空アトラクションは一時たりとも地平に沈み休むことなく、恐怖と絶叫を繰り返し続けるのです。

 

昔、遊園地にマジックハウス(ビックリハウス)というアトラクションがありました。

室内に入り、椅子に座ると揺りかごのように大きく揺れ始め、壁や天井がグルグル回転。部屋が自分ごと回転している錯覚が起こり、三半規管が刺激され酔う…

カシオペヤは錯覚でないそれを、空の上で体験しているようなものです。

また最近では絶叫アトラクションのクライマックスで、自動的に写真が撮影され、その写真を購入できるというシステムがあります。

ヒトが恐怖で絶叫している時の表情は大抵“スゴイ顔”!

美しさを自慢していたカシオペヤには天の川の水面に映る自身の“髪を振り乱した絶叫スゴイ顔”も相当な屈辱です。

 

こぐま座
こぐま座

お母さん!あのオバサン、面白いお顔で叫んで楽しそうだよ~

おおぐま座
おおぐま座

こら!見ちゃダメ、笑っちゃ失礼よ。変顔マニアじゃないのよ!

カシオペヤ座の星座絵を見てください。古代から多くの星座絵がありますが、

ほとんどのカシオペヤは椅子に座って両手を上げています。
まさに、絶叫アトラクションで「バンザーイ!」って楽しんでる感じに見えます。けれど実際は…

 

カシオペヤ
カシオペヤ

もう、イヤ!高いし、コワイし、いい加減お尻も痛い!

目が回って気持ち悪っ!それに水面に映るアレ、私じゃない!

クマにまで笑われてるし!

 

カシオペヤが苦手な“恐怖の絶叫アトラクション”の刑は永遠に続きます。

どんな小さな罪も神様にはお見通し。自分の犯した罪は必ず自分で償わなければならないのです。

スルーをすれば、死んだあとで「倍返しだ!」

スポンサーリンク

 カシオペヤ座からの北極星の見つけ方は?

北極星を見つけるのは北斗七星が一般的ですが、カシオペヤ座も北極星を探す目印となります。

カシオペヤの「W」のカタチの右端一辺と右端の一辺をそれぞれ繋いで伸ばした接点から、「W」の真ん中の星へと伸ばします。

その約5倍まっすぐ進んだ先に北極星があります。
これも昔から伝わるカシオペア座からの北極星の探し方です。。

 

 

秋から冬にかけては北斗七星よりカシオペヤの方が空高く上がるため、この時期は、こちらの方が探しやすかったのです。

 

スポンサーリンク

まとめ

カシオペヤ座のギリシャ神話のあらすじ、星座の特徴、北極星の見つけ方を紹介しました。

カシオペヤ座の神話では、なぜ王妃カシオペヤが座ったまま星座になったのかのお話でした。

生前スルーした罪を、人生を終えた後にキッチリつぐなう事になったカシオペヤ。
まさか、こんなことになるなんて…。

こんな事態でなかったら、星座になった夫ケフェウスと娘アンドロメダと家族そろって、天の川の真ん中で北極星を眺めながら、多くの星座たちのパレードを楽しめたはずだったんですけど…。

ちなみにケフェウス、カシオペヤ、アンドロメダの登場する古代エチオピアとは、現在のエチオピアではありません。
現在の中東、シリア付近にあった別の古代王国だったようです。

カシオペヤは「W」のカタチで有名ですが、周極星なので時期や時間によって、「M」になったり「Σ」になったり、その逆になったり…。

カシオペヤ座を見つけたら「W」の向きで、カシオペヤの置かれた状況を想像されてみてください。

【関連記事】
アンドロメダ座の神話が簡単に分かる!アンドロメダ銀河とは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
天体
スポンサーリンク
スポンサーリンク
カモシカおやじの徒然日記