ゼオライトの意味と効果がすごい!石言葉や相性、浄化方法は?

パワーストーン

この記事はゼオライトの意味と効果、石言葉や相性、浄化方法を紹介します。

ゼオライトは、「浄化」と「癒し」の効果の高いパワーストーンです。
あなたもこれを読めばゼオライトの意味と効果、石言葉や相性、浄化方法を知ることができます。

それでは、地球規模の環境浄化にも効果があるといわれるゼオライトの魅力についてお伝えします。

スポンサーリンク

ゼオライトの意味と効果、石言葉は?

ゼオライトとは、スコレサイト、メソライトなどを含む鉱物グルーうの総称で50種類以上になります。色は白色が多いですが、無色、青色、桃色、ベージュ等もあります。

ゼオライトの結晶には無数の微細孔があり、スポンジのような隙間のある構造が特徴です。火山活動で 発生した灰や海水の塩分が堆積して地殻変動により高い圧力を受けて形成されました。

加熱すると水分が分離して泡のようになり、沸騰しているように見えることからギリシャ語の「zeo(沸騰)」と「lithos(石)」からゼロライトと名付けられました。
和名は英語と同様の意味の「沸石(ふっせき)」です。

ゼオライトは内部の空洞にガスや水分を強力に吸着する特徴があり、毒素やアンモニアなどを吸着します。この特殊な性質により、水のろ過材や、イオン交換材料、湿度調節などにも用いられている工業的にも重要な物質となっています。空気や土壌もきれいにすることから農作物の成長にも効果があります。

最近では特に地球の環境汚染の浄化にも効果があることで注目を集めています。公害物質の吸着などで大地の浄化、水の浄化、空気の浄化に有効な資源とされます。

ゼオライトの石言葉は、「浄化、癒し、再生する力」などです。
石言葉とはそれぞれの石の特質をあらわしたものです。
ゼオライトの石言葉からは、神道の「清める」という言葉が思い起こされます。


ゼオライトの効果は以下のとおりです。

1.強い浄化作用により空間を浄化したり、持ち主の体内の毒素を取り除く、喉の不調を改善する効果があります。

周囲や場を浄化するので部屋や空間をきれいにしたいときにおすすめです。
体内にためこんだ有害なエネルギーやストレスを浄化して、リラックスした健康な状態を取り戻してくれます。

2.強い保護作用があり、人や場のマイナスのエネルギーから持ち主を守ります。

人混みや雑然とした場所、苦手なところに持っていくと気持ちが楽になります。
邪悪なものや悪霊から身を守るとともに粘り強さや忍耐力も養います。

3.田畑や農地の浄化に用いられ、作物を健やかに成長させるように導く効果があります。

ゼオライトは大地の恵み、自然からの恩恵や再生をもたらす石といわれます。
ゼオライトを入れた土壌では、作物の品質が高まり、病気発生リスクの低減、収穫量の増加などが期待されます。

スポンサーリンク

ゼオライトのおすすめの使い方は?

ゼオライトのおすすめの状況は、心身の調子が思わしくないとき。
精神力を高めたいとき、忍耐力がほしいとき。

汚染から身を守りたいとき、悪い環境から身を守るお守りとして。
農業のお守りとしても効果があります。

ブレスレットとして、又はポーチに小さなストーンを入れるなどして身につけるのが良いです。安眠のためには、枕の下やベットサイドに置いて寝るのがおすすめです

比較的衝撃には弱いので取り扱いには注意します。

HPが分かりやすく応対が親切!  管理人おすすめ! クリック▼

ゼオライトとの相性の良いパワーストーンは?

パワーストーンは、それぞれが固有の力を持ちますが、相性の良いパワーストーンと組み合わせることにより更に効果をもたらせてくれます。
ゼオライトとの相性の良いパワーストーンです。

クリアクォーツ(水晶):すべてを浄化して活性化する。
クリアクォーツ(水晶)の記事はこちら▼

アポフィライト:現状を打破して変革をもたらす。肉体と精神を癒す。
アポフィライトの記事はこちら▼

ゼオライトの浄化方法は?

ゼオライトは使用したり、室内に置いておくだけでもマイナスのエネルギーを吸収するので定期的に浄化が必要です。

一般的なパワーストーンの浄化の方法は、以下のとおりですが、ゼオライトは紫外線や水による変質等の恐れがあるため、水や日光による浄化は避けた方が良いです。

[水による浄化]←ゼオライトの場合は避けて下さい。
水道水を少し流して、その下にパワーストーンを置いて1~2時間程度そのままにします。又は川の流水の中に同様にさらします。

[日光による浄化]←ゼオライトの場合は避けて下さい。
晴れた日に昼間1時間から半日の間、日光にさらします。

[月光による浄化]
晴れた満月やその前後の日にほぼ一晩中、月光のもとにさらします。

[水晶クラスターによる浄化]
水晶が群状になった水晶クラスターの上にほぼ一日置いておきます。

[塩による浄化]
皿などに天然塩を盛り、その中にパワーストーンを丸一日埋めておきます。

[煙による浄化]
セージ(ハーブ)を焚き、煙の中にパワーストーンを数回くぐらせ、まんべんなく煙を行き渡らせます。

スポンサーリンク

まとめ

ゼオライトの意味と効果、使い方、石言葉と相性、浄化方法をまとめました。
ゼオライトには無数の微細孔があり、スポンジのような隙間のある構造が特徴で「浄化」と「癒し」の効果の高いパワーストーンです。

加熱すると水分が分離して泡のようになり、沸騰しているように見えることからギリシャ語の「zeo(沸騰)」と「lithos(石)」よりゼオライト(和名は沸石)と名付けられました。

ゼオライトは、強い浄化作用により空間を浄化したり、持ち主の体内の毒素を取り除く、喉の不調を改善する。
強い保護作用があり、人や場のマイナスのエネルギーから持ち主を守る。
田畑や農地の浄化に用いられ、作物を健やかに成長させるように導く、などの効果があります。

おすすめの状況は、ゼオライトのおすすめの状況は、心身の調子が思わしくないとき。
精神力を高めたいとき、忍耐力がほしいとき。
汚染から身を守りたいとき、悪い環境から身を守るお守りや農業のお守り、などに有効です。

管理人のゼオライトの印象ですが、意識を向けていくとモヤモヤした気持ちが吸い込まれるていくようでさっぱりとスッキリした感じになりました。浄化と癒しの力を感じたものと思われます。
ゼオライトにご興味を持たれた方は、実際に手にとってみられることをお勧めします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
パワーストーン
スポンサーリンク
kamoshikaをフォローする
スポンサーリンク
カモシカおやじの徒然日記
タイトルとURLをコピーしました