レピドライトの意味と効果がすごい!石言葉や相性、浄化方法は?

パワーストーン
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事はレピドライトの意味と効果、石言葉や相性、浄化方法を紹介します。

レピドライトは、うろこ状の模様が真珠のようにキラキラと乱反射して光るパワーストーンです。

あなたもこれを読めばレピドライトの意味と効果、石言葉や相性、浄化方法を知ることができます。

それでは、「変革の石」と呼ばれるレピドライトの魅力についてお伝えします。

レピドライトの意味と効果、石言葉は?

レピドライトはリチウムを含む雲母(うんも)の一種です。

無数のうろこ状の模様がキラキラと真珠のように乱反射して光る石で、クンツァイトやトルマリンなど他の石と共生して産出されることが多いです。

大型の結晶ができることはまれで、多くはうろこ状や粒状の集合体で発見されます。

 

レピドライトには、リチウム、アルミニウム、ケイ素が含まれており、最も多く含まれるリチウムの含有量によってピンク色や赤紫色、灰色や白色などの色に変化します。

一見すると地味な感じもしますが、落ち着いた味わいがあり、落ち着いた色の服装や服飾品となじむなど男女を問わず人気があります。

 

レピドライトの名前は、ギリシア語の「lepidos(うろこ)」に由来します。

和名は「リチア雲母(うんも)」ですが、別名「鱗雲母(りんうんも」「紅雲母(べにうんも)」とも呼ばれます。

レピドライトの石言葉は「変化、変革、感情の調整」などです。石言葉とはそれぞれの石の特質をあらわしたものです。

レピドライトの石言葉からは、ゆったりと力強くものごとを変化させていく印象を感じます。

 

レピドライトの効果は以下のとおりです。

1.古くから「変革の石」と呼ばれ、現状を打破して新しいものごとを作り出すための強力なパワーを持ちます。

新たな第一歩をなかなか踏み出そうとするとき、過去の反省や後悔などの出来事にとらわれてしまう場合に身につけると、古い思考や行動パターンを手放してスムーズにスタートできます。

 

2.優れた癒しのパワーがあり、肉体と精神を癒しバランスを整えることで、リラックスした状態を生み出します。

不安定な心に平静さを取り戻し、不安や緊張を感じることなく、伸び伸びとした健やかな感じをもたらします。

相手を受け入れる気持ちにゆとりが生まれ、恋愛や仕事などで良い人間関係を築けるようになります。

3.ネガティブなエネルギーを吸収する働きがあり、電子機器の電磁波を取り除、他人からの邪悪な想念などを防御する働きがあります。

精神の安定に調和をもたらしてくれるので不眠症にも効果があり、安眠効果が期待できます。枕の下やベットサイドに置いて寝ると良いです

 

なお、レピドライトは硬度が低く形成された結晶の特性上、一定の方向に鱗片状に割れやすい性質があります。衝撃や摩擦を与えないように取り扱いには注意が必要です。

 

スポンサーリンク

レピドライトのお勧めの使い方は?

おすすめの状況は、くすぶっている自分の現状を変えたいと思ったとき、今の自分から少しでも変わりたいと思っているとき。

新しい職場や住環境が変化したとき、内側からネガティブに偏ることなくポジティブな精神状態に変わりたいと思ったとき。

不安や悩みで眠れないとき、普段より感情が高ぶったとき。

不安な気持ちを緩やかに抑え、ちょっとだけリラックスしたいといとき、いつもより情緒不安定だと感じるとき、などです。

 

ペンダント、ネックレス、ブレスレット、指輪として、又はポーチに小さなストーンを入れるなどして身につけるのが良いです。

安眠のためには、枕の下やベットサイドに置いて寝るのがおすすめです

 

落ち着いた色合いのレピドライト
自由な思考や行動をもたらすお守りに!
クリック▼

レピドライトとの相性の良いパワーストーンは?

パワーストーンは、それぞれが固有の力を持ちますが、相性の良いパワーストーンと組み合わせることにより更に効果をもたらしてくれます。

ラピドライトと相性の良いパワーストーンです。

1.アイオライト

迷いや不安を解消して本質的な解決へと導く。

アイオライトの意味と効果の記事はこちら▼

『ラピドライトとアイオライトを組み合わせた効果』

ラピドライトは持ち主に「変革」をもたらし、現状を打破して新しいものごとを作り出す効果を持った石です。

今までの思考や行動パターンを手放して新たなスタイルに進むことを強力にサポートします。

アイオライトは、航海時代に船を進めるときに羅針盤の代わりに方角を示す石でした。

自分の進んでいきたい方向が分からない場合、やみくもに動いても結果は見えにくいため、この石を持つことで進むべき方向が定まります。

この二つの石を組み合わせることにより、自分の新しい一面と出会え、新しい考え方を発見したり、人生の航路を見直すことが出来るようになります。

 
 
2.クンツァイト

無条件の愛と純粋な気持ちを呼び起こす。

クンツァイトの意味と効果の記事はこちら▼

『ラピドライトとクンツァイトを組み合わせた効果        』

ラピドライトは現状を打破して新しいものごとを作り出すための強力なパワーを持ちます。

優れた癒しの効果やネガティブなエネルギーから身を守る効果もあります。

クンツァイトは、非常に高いレベルの愛を象徴する石で、無条件の愛を呼び起こします。

また、ネガティブなエネルギーから持ち主を守る保護作用もあります。

この二つの石を組み合わせると仕事から恋愛、健康などさまざまな方面で運気をバランスよく引き上げてくれます。

ネガティブなエネルギーから身を守るお守りとしても良いです。

 

レピドライトの浄化方法は?

レピドライトは使用したり、室内に置いておくだけでもマイナスのエネルギーを吸収するので定期的に浄化が必要です。

一般的なパワーストーンの浄化の方法は、以下のとおりですが、レピドライトは水と紫外線に弱く変質等の恐れがあり、水や日光による浄化は避けた方が良いです。

 

[水による浄化]←レピドライトの場合は避けて下さい。
水道水を少し流して、その下にパワーストーンを置いて1~2時間程度そのままにします。
又は川の流水の中に同様にさらします。

[日光による浄化]←レピドライトの場合は避けて下さい。
晴れた日に昼間1時間から半日の間、日光にさらします。

[月光による浄化]
晴れた満月やその前後の日にほぼ一晩中、月光のもとにさらします。

[水晶クラスターによる浄化]
水晶が群状になった水晶クラスターの上にほぼ一日置いておきます。

[塩による浄化]
皿などに天然塩を盛り、その中にパワーストーンを丸一日埋めておきます。

[煙による浄化]
セージ(ハーブ)を焚き、煙の中にパワーストーンを数回くぐらせ、まんべんなく煙を行き渡らせます。

 

まとめ

レピドライトの意味と効果、使い方、石言葉と相性、浄化方法についてまとめました。

レピドライトは、リチウムを含む雲母(うんも)の一種で、リチウムの量によってピンクや赤紫色、灰色や白色などの色に変化します。

ラピドライトの効果は、「変革の石」と呼ばれ、現状を打破して新しいものごとを作り出すための強力なパワーを持つ。

優れた癒しのパワーがあり、肉体と精神を癒し、バランスを整えることで、リラックスした状態を生み出す。

ネガティブなエネルギーを吸収する働きがあり、電子機器の電磁波を取り除いたり、他人からの邪悪な想念などを防御する、などです。

 

おすすめの状況は、現状を変えたいと思ったとき、今の自分から変わりたいと思っているとき。

環境が変化したとき、内側からポジティブに変わりたいと思ったとき。

眠れないとき、感情が高ぶったとき。ストレスを少しでもなくしたいとき。

不安な気持ちを抑え、リラックスしたいといとき、情緒不安定だと感じるとき、などです。

 

管理人のラピドライトの印象ですが、まず初めに落ち着いた感じがします。

エネルギーの質は霊的に高いものを感じますが、センシティブな感じというよりはゆったりとしたおおらかな感じがするのが良い印象です。

個人的には持ち主をあまり選ばず、多くの方に合う石のように思えます。

 

パワーストーンや誕生石のブレスレット専門通販サイト Pascle(パスクル) 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
パワーストーン
にほんぶろぐ村
日本ぶろぐ村
カモシカおやじの趣味ブログ
タイトルとURLをコピーしました