サファイアの恋愛効果は?効果的な使い方、アクセサリーが分かる!

パワーストーン
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事はサファイアの恋愛効果や効果的な使い方、アクセサリーについて紹介します。

サファイアは世界四大宝石の一つとして太古より人々に愛されてきました。

あなたもこれを読めばサファイアの恋愛効果や効果的な使い方、アクセサリーについて知ることができます。

それでは、サファイヤの美しい輝きに秘められた効果について紹介いたします。

サファイアはどんな石、誕生石や石い葉は?

サファイアはダイヤモンド、ルビー、エメラルドと並び世界四大宝石のひとつとして、多くの人を魅了し続けてきました。

古今東西でその価値を認められてきた石です。

9月の誕生石としても人気があります。

 

青い宝石といえばサファイアだと思っている人も多いことでしょう。

世界中の誰もが名前を知っているサファイアですが、実はルビーと同じ「コランダム(鋼玉)」というグループの鉱物ということをご存知でしたか。

同じ鉱物グループの石で赤色のものがルビー、それ以外がサファイアと呼ばれます。

 

サファイアのことを青い宝石だと思っている方がほとんどだと思います。

実際には含有される成分の違いによりピンク色、緑色、黄色などのさまざまな色のものがあります。

ただしサファイアの語源はラテン語の青という単語から来ています。

日本でも蒼玉と呼ばれてきましたから、昔から青いサファイアが大切に扱われてきたのは間違いないようです。

青といっても、海の青や空の青、宇宙の青と様々ですが、この石の中には地球上のすべての青があると感じます。

 

天空から降り注ぐ星々の光と地球の女神の心が長い時間をかけて結晶化してサファイアになったのかもしれませんね。

石言葉は「慈愛、誠実、心の成長」などです。

サファイアは、すべてを慈しみ、受け入れて、愛を与え続ける母なる地球の波動を抱いた穏やかで温かい石なのです。

サファイアの恋愛への効果は?

サファイアの石い葉からも、恋愛効果が期待できそうですが、一体どのような効果があるのか気になりますね。

サファイアの色は青だけではないことはすでにお伝えしましたが、石の色によって少しずつ効果は異なります。

ピンクサファイアは恋を呼ぶ石!

見た目にも恋愛への効果が期待できるのは、やはりピンクです。

ピンクサファイアには恋を呼ぶ効果があります。

例えば花が咲いた時には、何ともいえない程いい香りが周囲に漂います。

そうすると花の香りを嗅ぎつけて虫達が寄ってきますが、それに似た感じです。

 

ピンクサファイアの波動はまるでかぐわしい花の香りのようです。

そうやって出会いを呼ぶのです。

また女性的な優しさや柔らかさなどの魅力を引き出してくれる石でもあります。

 

もしあなたが女性で、恋愛の駆け引きが苦手と感じるようならピンクサファイアを持つとよいでしょう。

あなたにかわってピンクサファイアが周囲にさりげなくアプローチしてくれるはずですよ。

 

ブルーサファイアは一途な愛を貫く!

ブルーサファイアには、貞操を守り真実の愛を貫く力があるとされます。

一途な愛のお守りとしても人気があります。

もし浮気をすると、サファイアが白く濁るといわれていますので気をつけてくださいね。

ただし、この石は浮気を裁く石ではありません。

持ち主の偽りの心をキャッチして濁るのです。

だから浮気以外でも持ち主が誠実でなければ濁ります。

石が白く濁ったから浮気したと決めつけないないよう気をつけてください。

サファイアは恋愛成就へと導く

その他サファイアには心に穏やかさと平和をもたらし、心身を調和させる効果があるとされます。

持ち主に落ち着いた魅力をもたらしてくれます。

その結果、恋愛を成就させるための導きを与えてくれることでしょう。

この石がもたらす恋愛は生涯のパートナー関係です。

持ち主の人生に深く影響を与えるような出会いをもたらしてくれることでしょう。

ただしこの石は持ち主の行いが正しい時にしか力を貸してくれません。

 

浮気を許さない石なので当然といえば当然ですが、日ごろからサファイアにも恋人にも不実と思われないように心がけた方がよさそうです。

誠実なパートナーを求める方、関係を長続きさせたいと願う方、もっと絆を深めたいと望む方、このような方の恋愛にはとても効果があるでしょう。

サファイアの恋愛に効果的な使い方、アクセサリーは?

色によって効果が違う

サファイアをパワーストーンとして効果的に使う方法ですが、色によって効果が違いますので望みに合った色の石を持つとよいでしょう。

恋を呼び込みたければピンクサファイア、どのような誘惑にも負けず一途な愛を守りたいのであればブルーサファイアをおすすめします。

そのほか石の色には関係なく、スターサファイアといって光の当て方の角度によって石の中に星のマークが見えるものがあります。

 

スターサファイアの3本の光の筋は、「信頼、希望、運命」だといわれています。

スターサファイアは、悪を退けて、幸運を持主にもたらすといわれます。

進むべき正しい道に導くお守りが欲しい方はスターサファイアを持ってみてください。

アクセサリーとしての効果は?

アクセサリーとして身につける場合は、指輪またはブレスレットなどをおすすめします。

手または指に巻きつけることで恋愛効果に加え、落ち着きや心身の安定をもたらします。

ピヤスやイヤリング、ペンダントも目につきやすくあなたの魅力を引き出してくれます。

 

プロポーズしてほしい恋人と会うときに身につけるとよいでしょう。

 

 

他の石との合わせ使いをするなら、たとえばアクアマリン、アメジスト、ラブラドライトなどとは相性がよいです。

落ち込みやすい方はアクアマリンと組み合わせることで、ヒーリングの効果が期待できます。元気を取り戻して自分らしさを表現できるようになるでしょう。

 

気疲れしやすい方はアメジストと組み合わせてみてください。落ち着いて物事の本質が見通せるようになれそうです。

心配性な方はラブラドライトとの組み合わせをおすすめします。必要なことに気づかせてくれます。

未来に不安を感じる場合はラブラドライトとの合わせ使いをすることで、これからの道筋が見えてきそうですよ。

 

もし恋愛にもっと積極的になりたい、情熱と行動力が自分には足りないと思う方は、同じ鉱物グループのルビーと一緒に使うことで知性と情熱のバランスを取りやすくなります。

パワーストーンとしてのサファイアは紺色をしていますので、男性でもアクセサリーとして身につけやすいはずです。

 

おすすめした石以外のパワーストーンと一緒に使っても、この石の場合は特に問題ありません。

世界四大宝石の一つとして選ばれるくらいなので、大変力のある石です。

他の石の影響はあまり考えなくてもよいでしょう。

 

恋愛だけではない石

恋を呼んだり、浮気を封じたり、恋愛面で効果のあるサファイアですが、もともとこの石は持つ人の心を穏やかにして、心と身体を調和させる効果があるとされています。

青い宝石の代表とされるサファイアですが、その波動は地球そのものです。

青い空や広い海など自然界の青は広大です。

この石には地球の自然界の大いなる力が宿っています。

身につけることで自然界の大いなる力と繋がり、心身を調和をもたらします。

浄化について

浄化方法ですが、サファイアはダイヤモンドの次に硬度の高い石なので傷つきにくく、他のパワーストーンにくらべてお手入れがしやすいです。

水や紫外線にも比較的強いので、どのような浄化方法でも特に問題はありません。

水や太陽光での浄化はかんたんにできますので、こまめに浄化しておくとよいでしょう。

 

特に石の色が濁った時には邪気がたまっていますから、すぐに浄化すべきです。

それから他のパワーストーンよりも格が上ですので、少し丁寧に扱うことを心がけてください。

まとめ

サファイアの恋愛効果や効果的な使い方、アクセサリーについて紹介いたしました。

サファイアはダイヤモンド、ルビー、エメラルドと並び世界四大宝石の一つとして太古より人々に愛されてきました。

サファイアといえば青い宝石という印象がありますが、青色以外実はルビーと同じ「コランダム(鋼玉)」というグループの鉱物で、赤色のものがルビー、それ以外がサファイアと呼ばれます。

 

サファイアは含有する成分により青色以外にピンク色、緑色、黄色などのさまざまな色のものがあります。

サファイアの恋愛への効果ですが、恋を呼び込みたければピンクサファイア、どのような誘惑にも負けず一途な愛を守りたいのであればブルーサファイアが効果があります。

いずれもアクセサリーとして身につけることで効果を発揮してくれます。

アクセサリーとして身につける場合は、指輪またはブレスレットなどがおすすめです。

ピヤスやイヤリング、ペンダントも目につきやすく、あなたの魅力をひきだしてくれるのでプロポーズしてほしい恋人と会うときに身につけるとよいでしょう。

 

サファイアは、あなたの人生と恋愛の基盤を固めてくれる美しい石です。

あなたが誠実であれば、時にはすごい奇跡を起こして見せてくれるかもしれません。

サファイアとともに穏やかな幸せを手にしてくださいね。

 

 

【関連記事】
サファイアの意味と効果が分かる!石言葉や浄化方法、恋愛効果は?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
パワーストーン
にほんぶろぐ村
日本ぶろぐ村
カモシカおやじの趣味ブログ
タイトルとURLをコピーしました