甲斐バンド「HERO(ヒーローになる時、それは今)」の歌詞の意味を考察

昭和歌謡
※このブログでは、プロモーション広告を利用しています。
※このブログでは、プロモーション広告を利用しています。

この記事は、 甲斐バンド「HERO(ヒーローになる時、それは今)」の歌詞の意味を考察します。

1968年に発売されたこの曲は、ダイナミックな甲斐よしひろのボーカルとバンド演奏が相まって人気となりました。

甲斐よしひろの力強い歌声に、背中を押され、元気づけられた方も多いことでしょう。

それでは、甲斐バンド「HERO」の歌詞の意味を読み解きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

甲斐バンド「HERO」はどんな曲

【HERO(ヒーローになる時、それは今)】

アーティスト:甲斐バンド

作詞・作曲:甲斐よしひろ

リリース:1978年12月20日(東芝EMI )

★チャート最高順位
週間1位、1979年度年間13位(オリコン)

「HERO」は1978年12月に発売された甲斐バンド11枚目のシングルです。

発売翌年には時計のCMソングに起用され、爆発的な人気を誇り、2月にはバンド初のシングル版チャート1位を獲得しました。

1979年度のオリコン・シングルチャートでは年間ランキング13位、売上枚数は63.7万枚を記録しました。

 

甲斐バンド「HERO」の歌詞の意味を考察

この歌に耳を澄ませ、目を閉じれば、あなたを古き良き時代の映画館へと誘ってくれます。

銀幕のなかの、少年のようなあどけなさが残る主人公は、かつての名俳優、ジェームス・ディーン。

どこか斜に構えたような、寂しげな瞳と不満げに尖らせた唇が印象的です。

 

映画館の客は一人だけ。

臙脂の椅子にどっかり腰かけて、背の高い青年が鑑賞しています。

髪は遠目からでも目立つような金髪、左耳にはシルバーのピアスが幾つも輝いてます。

 

青年は前のめりになり、一心不乱にスクリーンを見つめています。

そんな彼の視線にお構いなしに、ジェームス・ディーンはヒロインをバイクの後ろに乗せると、猛スピードで走り出しました。

青年の瞳が一瞬、きらりと輝くと、弾かれたように彼は映画館を飛び出しました。

スポンサーリンク

 

彼が恋人と出逢ったのは、場末のダンスフロアでした。

彼女は、腰まである長い髪を振り乱して踊り、フロアの中でもひと際目立つ存在でした。

 

彼が一目で虜になったのは、言うまでもありません。

当時、彼は19歳、彼女は18歳…。

二人が恋仲になるのに、特に言葉はいりませんでした。

お互い、寂しい思いを抱えたものどうし、互いの表情や口ぶりから感じ合うものがあったのです。

 

映画館を飛び出した後、彼は、アルバイトに精を出すようになりました。

肉体労働を掛け持ちし、親方に怒鳴られても、ぐっと耐えて口答え一つしませんでした。

そして、ようやく手に入れたのが、念願の大型バイク。

月の美しい晩、彼は彼女を呼び出して、バイクの後部座席に乗せました。

エンジンをかけると、これまでの原付とは比べ物にならないぐらいの振動が、太ももに伝わってきます。

 

「こいつも、生き物なんだな」

彼がそう呟くと、「バイクが?」と彼女が怪訝な声で問いかけます。

 

「そうだよ、俺もこいつも、心臓をブルブル震わせてるんだ。お前にも伝わるだろ?

今がずーっと続いたら良いのにな、つまんねえ大人になんかなりたくねえよ」

「あたしも。ねえ、親も先生も、友達も、誰も追いかけられないぐらい、遠いとこに連れてって」

 

彼は、その言葉を合図に、猛スピードでバイクを走らせました。

ーこのまま、ジェームス・ディーンみたいに人生終わらせて、伝説になるのも悪くないかもな。

 

そんな妄想がふと、頭をよぎります。

その数か月後のことでした。

「…子どもが出来たみたい」

彼女の瞼は、涙で腫れて、唇が震えて真っ青でした。

「あたし、産むからね。あんたに捨てられたって、絶対、産むからね!」

いつも気怠げな彼女の姿からは、想像も出来ないような、必死の形相です。

 

ジリジリと蝉の声だけが、彼の痺れる頭の奥に響きます。

彼は大きく深呼吸すると、彼女のお腹にそっと手を当てました。

 

「俺、馬鹿だからさ。気の利いた台詞なんか何も言えないけど」

その言葉に、彼女は大きく目を見開いて、怯えたような顔になりました。

彼は彼女の目を見据えて言いました。

 

「俺は、今からお前のヒーローになる」

一瞬の間のあと、彼女が涙でぐしょぐしょになった顔で吹き出しました。

「やだ!何それ!」

 

笑いながら、彼女は涙を手の甲でぬぐいました。

「…でも、カッコいいよ。もっとあんたのこと、好きになった」

 

その言葉に、涙ぐむのは彼の番です。

言いたいことは山ほどあるのに、頭の中がぐるぐるして、言葉になりません。

みっともなく鼻をすすりながらも、彼の心は、彼女に囁き続けます。

 

「お前に会うまで肩で風を切って、その日その日を面白おかしく生きれたらいいや、なんて思ってたけどさ。

違うんだよ。

俺、わかっちまった。」

「生きるってのは、今、この一瞬一瞬の積み重ねなんだ。

俺は、月が空に溶けて、夜が明けるごとに、新しい俺に生まれ変わるんだ。

俺だけじゃない、お前だってそうだ。

 

例え地面がひび割れたって、太陽が落ちてきたって、何があっても、俺はお前を守る、って誓ったんだ。

そして、いつか生まれてくる子どもに言ってやるのさ。」

 

「お前は、父ちゃんと母ちゃんがたくさん試練を乗り越えたから、生まれてきたんだぞ」って。ー

 

 

一週間後、古びたアパートから、顎をさすりさすり、彼女に支えられるようにして出てきた彼の姿がありました。

金髪を真っ黒く染め直して、耳にはピアス穴がそのままになっています。

 

「聞いてねえぞ、お前の親父が元ボクサーだなんて!ああ、いてえ。ったく、結婚の挨拶に行くのも命がけだな」

「あれでもお父さん、手加減してくれたのよ?もし許してもらえなかったら、あんた、今頃、顎の骨が砕けてたわよ」

 

そういって、彼女は悪戯っぽい笑顔を浮かべました。

「こいつ!」と彼女の頭をくしゃくしゃに撫でると、彼らは、腕を組んで、人ごみの中に消えていきました。

 

彼らだけではなく、雑踏を歩く人々、誰もかれもが、あなたの知らない誰かにとっての小さなヒーローなのかもしれません。

そして、もちろん、あなたもヒーローなのです。

 

スポンサーリンク

まとめ

HERO(ヒーローになる時、それは今)の歌詞の意味を考察しました。

主人公の青年と恋人の少女。

愛し合う二人を引き裂こうとする強い抵抗が加わりますが、青年はその力を跳ね返し、彼女を引き寄せます。

青年は自分に向かって「ヒーロー」、彼女には「ヒロイン」と呼びかけ、今このときに二人は明日に向かって走り出します。

 

二人の未来に明るい光が輝きますように…。

発売されて半世紀近くが経ちますが、熱い想いが伝わってきます。

 

【関連記事】
もんた&ブラザーズ「ダンシング・オールナイト」の歌詞の意味を考察
ガロ「学生街の喫茶店」の歌詞の意味は?時代背景も含めて考察!

日本ぶろぐ村

にほんぶろぐ村

error:
タイトルとURLをコピーしました