エンジェルオラクルカードの意味、使い方やリーディング方法を解説!

オラクルカード

この記事はエンジェルオラクルカードの意味、使い方やリーディング方法を解説します。
エンジェルオラクルカードは、ドリーン・バーチュー氏の人気のオラクルカードです。

あなたもこれを読めばエンジェルオラクルカードの意味、使い方やリーディング方法を知ることができます。優しく愛にあふれるエンジェルオラクルカードの世界にご案内します。

スポンサーリンク

オラクルカードとは?

オラクル(Oracle)とは、英語で神託という意味を表します。
オラクルカードとは、神託カードとも呼ばれており高次のスピリチュアルな存在からメッセージを受け取るツールになります。

カードを引いて、カードや解説書に書かれた意味を受け取り、日々の生活や将来に向けた夢の実現などに役立てるものです。

また、オラクルカードに似たものでタロットカードがあります。
タロットカードは、大アルカナと小アルカナからなる78枚で構成されており、占いや遊戯に使われます。

カードの絵柄に基本的な意味があり、スプレッド(展開法)という置き方を使って、描かれているシンボルの意味を読み取りながら推測して占っていきます。

オラクルカードは、そんなタロットカードとは違い、基本的には引き方に決まりはなく直観を重視するとされています。

オラクルカードのモチーフは天使が有名ですが、妖精やユニコーン、アセンデットマスターやネイティブアメリカン、神道に基づくオラクルカードなどバラエティー豊かです。

まずは、好きな絵柄や手に取ったときの感触など気になるカードを選び、直感を大切にしてメッセージを受け取ってみるといいでしょう。

オラクルカードには、それぞれ具体的な解説書も付いているため、初心者でも気軽に読むことができます。

エンジェルオラクルカードの意味と特徴、使い方やリーディングは?

エンジェルオラクルカードは、ドリーン・バーチュー氏が初めて制作した44枚からなるオラクルカードです。

エンジェルといえば、ドリーン・バーチュー氏といわれるほど、他にも数多くのエンジェルのオラクルカードがありますが、その中でもこのエンジェルオラクルカードは、2002年に日本で発売されてから現在に至るまで根強い人気のカードです。

では、なぜ人気があるのでしょうか?

まず、このカードの良いところとして、幅広いジャンルのリーディングに使えるという点です。
恋愛・仕事・お金・人間関係など、様々な知りたいことに対してシンプルかつ奥深いメッセージを受け取ることができます。

時には、聞いた質問からは全く関係のないような答えが帰ってくることもあるかもしれませんが、そんな時は、「本当の問題はそこではない」ということを教えてくれている場合があります。
分かりやすい答えの時もあれば、より深い本質的なメッセージまでも教えてくれるカードです。

また、カードの絵柄には優しい天使の姿がたくさん描かれています。
子供の天使や美しい女神のような天使、宗教画のようなものもあれば、素朴で優しいイラストタッチの絵柄など様々あり、とても癒されます。

カードの四隅は、44枚すべて違った装飾の絵柄が施されていてカラフルです。
カードを並べてみると、まるでステンドグラスのようにも感じられます。

そんな、エンジェルオラクルカードはどこかホッとさせてくれる魅力を持っているため、人気があるのかもしれません。

エンジェルオラクルカードの使い方と引き方、リーディング

では、次に使い方と引き方、リーディング(意味を読み取ること)を解説します。

・カードの使い方、リーディング

一般的には、おみくじのようにメッセージを受け取る1枚引き(カードの束の中から1枚選ぶ)と、3枚引き(3枚選び、それぞれ過去・現在・近未来としてメッセージを受け取る)が定番です。

その他にも、枚数を決めずに直感で「ここまで!」と感じるままに好きな数だけ引いてみたり、12枚カードを出して1ヶ月ごとの1年間をリーディングすることもできます。

テーブルの上でカードを混ぜるようにシャッフルする場合は、逆位置のカードも採用してみてください。逆位置とは上下がさかさまに出るカードのことです。
逆位置のカードが出た場合は、「妨害」を意味しますが、これは自分をより理解するために知る大切なヒントとして読んでみるといいようです。

カードの引き方、リーディングのやり方

①リラックスして、カードを利き手ではない方の手で持ち利き手で数回ノックします。
②心を鎮めて、天使たちにこのリーディングをサポートしてくれるように頼みましょう。
③もう充分と直感で感じるまでカードを切ります。この時に次のように質問してみましょう。

「今、私にとって必要なことを教えてください。」

こうすることによって、自分では気づかなかったより良い必要なメッセージを受け取ることができます。

④十分にカードを切ったら、直感で「これ!」と感じるカードを引きます。
⑤カードの絵柄や書いてある言葉を見つめて、直感でメッセージを受け取ってみます。
⑥解説書を読んで、より理解を深めます。

カードを切っている時にカードが飛び出してきた場合は、それをジャンピングカードといいます。
これは、天使が最も強く伝えようとしているか、アドバイスとして伝えてきているので一緒に読んでみて下さい。

ここまで、使い方をご紹介してきましたが、やはりいちばん大切なのは直感です!
ご紹介した使い方を参考にしつつ、ルールに縛られることなくご自分の直感でいろんなリーディングを楽しんでみてください。

スポンサーリンク

エンジェルオラクルカードを使った感想は?

では、実際にエンジェルオラクルカードを使ってみた感想です!
さっそく、これを読んで下さっている方へ向けてカードを1枚引いてみたのでご紹介します。

質問は、「今、あなたにとって一番必要なメッセージは何ですか?」です。

出たカードは、「大天使ミカエル」のカードです。

大天使ミカエルが出ました!
実は、筆者のいちばん好きな大天使です。
大天使ミカエルは、とても勇敢な大天使で人間でいうとボディーガードのような存在です。

このカードから直感で受け取ったメッセージは、「ネガティブな感情とは、あなたが真の願いに気づかせてくれる起爆剤となってくれます。」

このメッセージから感じることは、人は誰でも不安や恐れ、悲しみなどのネガティブな感情を好む人はいないと思います。
できれば、避けたいと思うのではないでしょうか。

しかし、そういったネガティブな感情こそが自分の内側にある真の願いに気づかせてくれるきっかけとなる、そう教えてくれているように感じました。

感情とは、しっかりと味わうことで消化されるといわれています。
楽しい感情は、いつまででも浸っていたいものですが、ネガティブな感情となるとできるだけ早く手放したいと思ってしまいがちです。

でも、そんな時こそしっかりとその感情を感じて「自分は何故、こんな気持ちになるの?」そう問いかけてみるといいかもしれません。

解説書のカードの意味も、一部ご紹介します。
「パワフルな大天使ミカエルが今あなたの隣にいます。大天使ミカエルはあなたに勇気を与え恐れから解放してくれます。」

とても心強いメッセージです!
もし、日々の生活の中でネガティブな感情が湧いてきたら、ぜひ大天使ミカエルを呼んでみてください。
きっと、大天使ミカエルがあなたの本来求めている願いに気づかせ、導いてくれるサポートをしてくれると思います。

スポンサーリンク

エンジェルオラクルカードをお勧めの方は?

エンジェルオラクルカードをお勧めの方は、やはりいちばんは初心者の方です。
例えば、オラクルカードを使ってみたいけど、または買ってみたいけどどれにすればいいか分からない!という方にとてもお勧めのカードです。

もちろん、リーディング歴が長い方でもオラクルカードリーディングの基本デッキとして使いやすいカードです。

特徴のところでも述べましたが、たくさんあるエンジェルオラクルカードの中でも恋愛・仕事・お金・人間関係などジャンルに縛られることなく使えるところが魅力です。

また、天使が好きな方であれば、「やっぱり持っていたい!」と思わせる愛らしいデザインのカードです。

天使とコミュニケーションを取ってみたい!
毎日を少しでも心豊かに過ごしたい!

そんな日常使いにも役立ってくれるオラクルカードです。

まとめ

エンジェルオラクルカードの意味や特徴、使い方やリーディング、感想やお勧めの方などを解説してきました。

エンジェルオラクルカードは、毎日の気軽なリーディングはもちろん、誰かのためにリーディングをしてあげる、そんな時にもとても使いやすいカードです。

繰り返しにはなりますが、初心者からプロの方までジャンルに縛られることなく使えるため、基本デッキとして持っていると役立つと思います。

あなたがもし天使に興味があるのであれば、このカードを使うことで天使と深く繋がることができるでしょう。
使えば使うほどに、自分が一人ではないことを実感できような天使たちからのサポートを受け取れると思います。

ぜひ、このエンジェルオラクルカードを使って、天使とコミュニケーションを取ってみて下さい。

きっと、自分では気付かなかった新しい自分を見つけられ、毎日を少しでも豊かに生きるヒントを受け取ることができると思います。
エンジェルオラクルカードにご興味を持っていただけたら幸いです。

関連記事はこちら▼
エンジェルオラクルカードⅡの意味と特徴が分かる!使い方や感想は?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
オラクルカード
スポンサーリンク
kamoshikaをフォローする
スポンサーリンク
カモシカおやじの徒然日記
タイトルとURLをコピーしました