サーペンティンの意味と効果がすごい!石言葉や相性、浄化方法は?

パワーストーン

この記事はサーペンティンの意味と効果、石言葉や相性、浄化方法を紹介します。

サーペンティンは、少しミステリアスな雰囲気が魅力のパワーストーンです。
あなたもこれを読めばサーペンティンの意味と効果、石言葉や相性、浄化方法を知ることができます。

それでは邪気を払い、危険から身を守るといわれるサーペンティンの魅力についてお伝えします。

スポンサーリンク

サーペンティンの意味と効果、石言葉は?

サーペンティンの名前は、集合した結晶がヘビの皮の模様に似ていることからラテン語の「serpentinus(ヘビのような)」に由来しています。
正確には、1つの鉱物を指すものではなく、「アンチゴライト」「リザルタイト」「クリソタイル」などの組成がほぼ変わらない複数の鉱物の総称(グループ名)をサーペンチンと呼びます。

サーペンティンの色は半透明から不透明で、黄色から緑色の翡翠(ひすい)に似ています。
なかでも「ボーウェナイト」という鉱物は外見から翡翠(ひすい)の代用品(ニュー・ジェイド)などと呼ばれて人気があります。

硬度が低く加工しやすい特徴を持ち、研磨すると独自の模様があらわれ、古代から護符などに加工されてきました。特に、色鮮やかなライムグリーン色や蛍光イエローのものは高級ジュエリーに負けないほどの美しさを持ちます。

サーペンティンの和名は「蛇紋石(じゃもんせき)」です。
サーペンティンは主に中国、韓国、南アフリカなどで産出されます。

サーペンティンは、古代より危険を回避る力があると信じられ、旅の安全や、サソリや毒グモなどから身を守るお守りにされてきました。死者の来世への旅路を守護する石として古代の墳墓からも数多く発見されています。
また、独特の光沢のある模様の美しさから、彫刻の材料にも重宝されています。

サーペンティンの石言葉は、「保護、旅の安全、創造性」などです。
石言葉とはそれぞれの石の特質をあらわしたものです。
サーペンティンの石言葉からは、しっかりと護られている印象を受けます。

サーペンティンの効果は以下のとおりです。

1.邪気を払い、持ち主を危険から身を守る強い魔除けの力を持ちます。 

外部からのネガティブなエネルギーを寄せ付けないとともに内部のネガティブなエネルギーも浄化する働きがあります。。
過労やストレスによりダメージを受けている方は身につけると良い影響を与えてくれます。

2.持ち主が大地と繋がることにより、生命エネルギーを活性化させ、心身を健康にして、霊性を高めてくれる作用があります。

精神を安定させて心を穏やかにして、深い癒しやリラックスの効果をもたらし、霊的な進化をうながします。

3.その結果、自由な発想ができるようになり、物事を全く異なる方向から捉えることで新しい着想を得たり、発見することが可能になります。

対人関係にも余裕が生まれ、思いやりの心をもたらし、他人からの信頼を得られるようになります。

スポンサーリンク

サーペンティンのお勧めの使い方は?

サーペンティンのお勧めの状況は、疲れてやる気が出ないとき、不安や恐れから十分に休息が取れないとき、集中力が続かないとき、高ぶる気持ちを静めて安定したいとき。

さまざまな考え方が渦巻いて、頭のなかが混乱してしまったとき。
集中力や洞察力を高めたいとき。落ちつきや穏やかさ、人を思いやる気持ちを高めたいときに有効です。
また、さまざまな災いから身を守る、厄よけやお守りの石としても有用です。

ブレスレット、ペンダント、ネックレト、指輪として、又はポーチに小さなストーンを入れるなどして身につけるのが良いです。

心配ごとで心が落ち着かないときは、サーペンチンを部屋に置いておくと、安心をもたらしてくれます。

HPが分かりやすく応対が親切!  管理人おすすめ! クリック▼

サーペンティンと相性の良いパワーストーン

パワーストーンは、それぞれが固有の力を持ちますが、相性の良いパワーストーンと組み合わせることにより更に効果をもたらせてくれます。
サーペンティンと相性の良いパワーストーンです。

オニキス:邪気を払い、身を守る。決断力と行動力を身に付ける。
オニキスの記事はこちら▼

スモーキークォーツ:地に足をつけ、精神を安定させる。潜在能力や直観力を引き出す。
スモーキークォーツの記事はこちら▼

 

サーペンティンの浄化方法は?

サーペンティンは使用したり、室内に置いておくだけでもマイナスのエネルギーを吸収するので定期的に浄化が必要です。

一般的なパワーストーンの浄化の方法は、以下のとおりですが、サーペンティンは紫外線や水による変質等の恐れがあるため、水や日光による浄化は避けた方が良いです。

[水による浄化]←サーペンティンの場合は避けて下さい。
水道水を少し流して、その下にパワーストーンを置いて1~2時間程度そのままにします。又は川の流水の中に同様にさらします。

[日光による浄化]←サーペンティンの場合は避けて下さい。
晴れた日に昼間1時間から半日の間、日光にさらします。

[月光による浄化]
晴れた満月やその前後の日にほぼ一晩中、月光のもとにさらします。

[水晶クラスターによる浄化]
水晶が群状になった水晶クラスターの上にほぼ一日置いておきます。

[塩による浄化]
皿などに天然塩を盛り、その中にパワーストーンを丸一日埋めておきます。

[煙による浄化]
セージ(ハーブ)を焚き、煙の中にパワーストーンを数回くぐらせ、まんべんなく煙を行き渡らせます。

スポンサーリンク

まとめ

サーペンティンの意味と効果、使い方、石言葉と相性、浄化方法をまとめました。

サーペンティンは、邪気を払い、持ち主を危険から身を守る強い魔除けの力を持つパワーストーンです。サーペンティンの名前は、集合した結晶がヘビの皮の模様に似ていることからラテン語の「serpentinus(ヘビのような)」に由来しています。

サーペンティンは、邪気を払い、持ち主を危険から身を守る。
大地と繋がることにより生命エネルギーを活性化させ、心身を健康にして、霊性を高める。
自由な発想ができるようになり、物事を全く異なる方向から捉えることで新しい着想を得たり、発見することが可能になる、などの効果があります。

サーペンティンは、疲れてやる気が出ないとき、不安や恐れから十分に休息が取れないとき、集中力が続かないとき、高ぶる気持ちを静めて安定したいとき。

さまざまな考え方が渦巻いて、頭のなかが混乱してしまったとき。
集中力や洞察力を高めたいとき。落ちつきや穏やかさ、人を思いやる気持ちを高めたいときに有効です。また、災いから身を守る、厄よけやお守りの石としても有用です。

管理人のサーペンティンの印象ですが、意識を向けていくと、穏やかさと神聖さが高い次元で調和しているような感覚を感じます。
サーペンティンの邪気を跳ね返す魔除けの力というのもブロック(防御)するというよりはシールド(遮断)するという感じがするのが興味深いと思います。

ご興味を持たれた方は、実際に手にとってみられることをお勧めします。
きっと気に入っていただけるものと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
パワーストーン
スポンサーリンク
kamoshikaをフォローする
スポンサーリンク
カモシカおやじの徒然日記
タイトルとURLをコピーしました