カエルカードの意味と特徴は?使い方や感想も紹介!

オラクルカード
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事は、カエルカードの意味と特徴、使い方や感想を紹介します。

このカードは、あなたが自己と繋がり、本来の自分を思い出し、豊かさと幸運がもたらされるように作られたカードです。

あなたもこれを読めば、カエルカードの意味と特徴、使い方や感想を知ることができます。

それでは、チャーミングなカエルのイラストとシンプルで心に響くメッセージが素敵なカエルカードの魅力をお伝えします。

カエルカードの意味と特徴は?

カエルカードは、南米ペルーにある古代インカ帝国の遺跡マチュピチュを旅した4名の日本人女性によって作られた、少し個性的なカードです。

カエルカードと聞いて多くの人は生き物のカエルをイメージすると思います。

でも本当はもっと深い意味が込められています。

 

カエルカードのカエルには「本当の自分に帰る」という意味があります。

またインカ文明では生き物のカエルを「豊かさと幸運」の象徴としていました。

「このカードを使う人が本来の自分を思い出しますように」「豊かさと幸運がもたらされますように」そんな思いで作られたカードです。

 

このカエルカードを企画、製作した女性達はカウンセラーやセラピスト、クリエイターといった心を扱う仕事をしています。

その中には世界銀行で日本人初の人事カウンセラーになった経験を持つ中野裕弓氏も含まれています。

彼女達は「すべての答えはすでに自分の中に存在する」という考え方のもと、自分の心の中の声とつながることができるカードがあればいいのではないかと考えました。

 

このカードの外観は他のオラクルカードとはかなり異なっています。

まずカードを収納するケースは紙の箱ではなくてシルバーのアルミ缶になっています。

一般的なオラクルカードと同じくらいの大きさの缶ですが、厚さが1センチ程度と薄いので持ち運びには大変便利です。

ケースを開けると60枚のちいさなカードが二列に収納されています。

カードの裏面の色は三色あって、光沢のあるピンク、ブルー、シルバーの中から好みの色を選ぶことができます。どの色を選んでもカードに書かれている内容は同じです。

ちいさなカードには前向きで軽やかなメッセージとカエルのイラストが描かれています。

カエルの表情や仕草がユーモラスでほっこりとさせてくれます。

言葉が書かれたカードですが解説書も付いていて、一枚のカードにつき150字前後の説明がされています。

 

その他、カエルカードについて紹介されたオレンジ色の紙も入っています。

カエルカードが伝えてくれるのは本来の自分を取り戻すための気づきです。占いとも違います。

シンプルですが味わいのあるカードだと感じます。

 

スポンサーリンク

カエルカードの使い方は?

「カエルカード」には一枚一枚タイトルの単語と簡単なメッセージが記されています。

カードが伝えているのは、その人の心が伝えたいことです。

「今自分に必要なメッセージを確認したい」、「迷いや不安がある」、「自信をもちたい」と思った時に使うとよいでしょう。

 

具体的な使い方ですが、カエルカードを引く時にはアファメーションを唱えます。

アファメーションというのは、自分に向けて肯定的な宣言をすることです。

例えば「私の本当の素晴らしさを思い出します。」、「自分の本質を思い出します。」などと声に出します。

実際にカエルカードを使う時にはもう少し具体的に「今日一日を充実させるために必要な言葉を受け取ります。」。

「今抱えている問題を最もよい形で解決するためのメッセージを受け取ります。」などと唱えてもいいでしょう。

 

「どうすべきですか。」「教えてください。」といった受け身で依存するような言葉を使わないことがポイントです。

カエルカードは今その人に必要なメッセージとこれから起こることを伝えますが、あまり頭で考えすぎないようにしましょう。

心の声を感じることが大切です。心の声と行動が一致すれば自然と迷いが消えていきます。

受け取ったメッセージを日常で意識していくうちに自分の直感が磨かれ、やがて自分を信頼して自信が持てるようになります。

 

自分の人生を変えたくなる時には何か特別なことをしなければと思うものですが、本当は自分の心の声に生き方を合わせていけばいいのです。

それを気付かせてくれるのがカエルカードです。

 

明るくて軽やかなメッセージを伝えるカエルカードは、自分以外の人に使うこともできます。

誰かにアドバイスをしたい時や元気づけてあげたい時にカエルカードを使ってみるのもよいでしょう。

どのカードを引いても「なるほど」と思わせてくれますし、なんだかカエルに褒められているようで楽しくなります。

コンパクトで持ち運びが簡単にできるカードなので、色々な使い方ができると思います。

 

カエルカードを使った感想は?

それでは実際に1枚引いてみます。

カエルカードは引く前に肯定的なアファメーションを唱えることが必要です。

今回は「私がもっと自分らしく生きるためのメッセージを受け取ります」とアファメーションをしました。

そして引いたカードがこちらです。

26.Infinity 無限

第一印象は、四匹のカエルの笑顔が、ほっこりと明るい気持ちにさせてくれます。

カエル達は宇宙とつながってインスピレーションを共有しているのかもしれません。

カードには、「どんな状況に置かれても内なる叡智を信じて行動することが大事」と書かれています。

叡智というのは物事の本質を見抜く知恵、自然や神のことを認識する力のことです。

またカエルが四匹なのは信頼できる仲間が大事ということなのかもしれません。

 

付属の解説書には「このカードを引いた時にはターニングポイントを迎えている」、「生命、宇宙など大きな視点で見つめて答えを出す」という意味の言葉が書かれています。

私達は夢や希望を持っていても日常を維持させることを優先して自分の心の声に耳を傾けようとしません。

しかし、それでは自分らしさからはどんどん遠ざかってしまいます。

そのことを気付かせてくれるカードだと感じました。

 

このカードを引いた時には星空を見上げてぼんやり宇宙を感じてみるといいのかもしれません。

自分が命を与えられていることを感じる、宇宙の中の一部であることを感じる、そういう時間が必要な時かもしれません。

 

解釈は人それぞれだと思いますが、自分の心の声を感じるためのカードなので自分が感じたことが正解です。

使い続けると現実が変わっていくようなカードだと感じました。

 

カエルカードをお勧めの方は?

「カエルカード」は自分自身の心の力を取り戻すためのカードです。

すべてのカードが何かしら気づきを与えてくれますので、あまり難しく考えずに気軽に使ってみるとよいでしょう。

誉め言葉の多いカードなので何だかカエルにおだてられているような気持ちになりますが、カエルが言うことなので受け入れやすいです。

 

日常生活が忙しすぎて自分を振り返る余裕のない方、自分を好きになれない方、自信のない方、明るい気持ちになりたい方には特に適したカードだと思います。

また何かショックを受けて落ち込んでしまったり、誰かに背中を押してほしいと思う時にカードを使えば気持ちを切り替えられそうです。

本当の自分とつながるための方法として瞑想、呼吸法、イメージワークなどが行われていますが、それらと比べてカードを一枚引くだけのカエルカードは、いつでもどこでも実践しやすです。

興味のある方はぜひ試していただきたいと思います。

 

また親しい人へのプレゼントとしても喜ばれそうなカードです。

缶ケースのデザインの中にもちいさなカエル達が隠れていますので探してみてください。

 

まとめ

「カエルカード」の意味と特徴、使い方や感想などを紹介しました。

「カエルカード」は古代インカ帝国の遺跡マチュピチュを旅した4名の日本人女性によって作られた、少し個性的なカードです。

「カエルカード」のカエルには「本当の自分に帰る」という意味があります。

またインカ文明では生き物のカエルを「豊かさと幸運」の象徴としていました。

「すべての答えはすでに自分の中に存在する」という考え方のもと、自分の心の中の声とつながることができるカードがあればいいのではないかと考えて作られたカードです。

 

シルバーのアルミ缶に入った60枚のカエルカードには一枚一枚タイトルとなる単語と簡単なメッセージが記されています。

「必要なメッセージを確認したい」、「迷いや不安がある時」、「自信をもちたい時」に使うとよいでしょう。

カエルカードの具体的な使い方は、引く時に肯定的なアファメーションを唱えます。

カエルカードが伝えてくれるのは本来の自分を取り戻すための気づきです。占いとは違います。

カードからのメッセージを自分の心の声と認めて受け入れることで、本当の自分とつながることができるでしょう。

使い続けると現実が変わりそうなカードだと感じました。

この記事を読んで「カエルカード」に興味を持っていただけましたら幸いです。

 

【関連記事】
ハワイアンカードの意味と特徴は?使い方や感想も紹介!
感謝のオラクルの意味と特徴は?使い方や感想も分かる!

 

お悩みを自宅で手軽に解決!クリック▼


TVCMで話題【ココナラ占い】無料会員登録はこちら!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
オラクルカード
にほんぶろぐ村
日本ぶろぐ村
カモシカおやじの趣味ブログ
タイトルとURLをコピーしました