ユニバーサルオラクルカードの意味と特徴は?使い方や感想も分かる!

オラクルカード
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事は、ユニバーサルオラクルカードの意味と特徴、使い方や感想を紹介します。

このカードは、女神の愛の導きによりあなたのハートと繋がるためのツールとなるものです。

これを読めばユニバーサルオラクルカードの意味と特徴、使い方や感想を知ることができます。

それでは柔らかなパステル調の色彩で描かれた女神たちの柔らかいエネルギーが素敵なユニバーサルオラクルカードの魅力をお伝えします。

ユニバーサルオラクルカードの意味と特徴は?

ユニバーサルオラクルカードは女神の愛をテーマにした、あなた自身のハートと繋がるためのオラクルカードです。

作者はエンジェルアートで有名なエレマリア氏です。

エレマリア氏は天使画家として2000年から国内外で活動を行っています。

これまでにパステルカラーのかわいい天使や妖精などの絵を500点以上発表されています。

明るくて見ているだけで心が開放されていくエレマリア氏の絵は、国内外の多くのスピリチュアリストから愛され、高く評価されています。

ユニバーサルオラクルカードはすべてのエネルギーをハートで調和させることを目的に、彼女がチャネリングを通して描いてきた聖なる存在たちの絵から40の女神の絵が選ばれました。

絵札には女神イシス、女神ダナ、女神ペレ、豊穣の女神アバンダンティア、瀬織津姫、それから観音といった世界中の女神たちが描かれています。

そしてその絵に合ったメッセージをエレマリア氏がやさしい言葉で伝えてくれます。

口語調で書かれたメッセージは、まるでエレマリア氏が直接語りかけてくれるようです。

ユニバーサルオラクルカードを手にする方は誰でも「小さい」と感じることでしょう。

一般的なオラクルカードにくらべて大きさも厚さも半分くらいです。解説書も手のひらサイズの豆本のようです。

おそらくこれは「いつでもどこでも、文庫本のように気軽に持ち歩いて使ってほしい」という作者の意図があってのことだと思います。

エレマリア氏の過去2作のオラクルカードも同様のサイズとなっています。

箱は丈夫な蓋が付いているので、キャラメル箱タイプのように傷みを心配する必要はありません。

カードの質も良く、小さくても安心して使える仕様となっています。

スポンサーリンク

ユニバーサルオラクルカードの使い方は?

解説書によると、このカードは開封した時に行う「挨拶の儀式」のようなものがあります。

そうは言っても難しいものではありません。

「光を取り入れるイメージをする。」

「気持ちを込めてノックする。」

「一枚一枚の絵を眺めて女神に挨拶をする。」

このようなことを行います。

聖なる存在たちのエネルギーは繊細なので、最初にきちんと繋がることが大切です。

 

一枚ずつ絵札を眺めている時に、ふと気になるカードが現れたら、それは女神が何かをささやきかけているのかもしれません。

そんな時には解説書の後ろの方に「絵画紹介」という項目があるので、その女神の名前や働きを調べてみましょう。

解説書は、1枚のカードについて見開き2ページが使われています。

左側には絵札の画像と絵札に書かれている言葉が記されていて、右側はエレマリア氏からのメッセージとなっています。

小さい解説書なので、情報量は多くはありませんが、「今、あなたがハートとつながるために必要なメッセージ」が、無駄のない分かりやすい言葉で綴られています。

 

具体的な引き方について、解説書にはこのカードのオリジナルスプレッド(複数のカードを使った展開法)である「ユニバースから届く女神のスプレッド」が紹介されています。

これは4枚のカードを引く方法で、今ハートが感じている事について、女神たちからのアドバイスを受け取るスプレッドです。

個人的な問題について女神たちが相談相手になってくれているような感じですね。

他には毎日一枚引いてみたり、過去、現在、未来の三枚引きをしてみたり、思いつく方法で自由に使ってみてください。

それから過去にエレマリア氏が作られた「ガイアオラクルカード」「ギャラクシーオラクルカード」と合わせて使う方法も紹介されています。

ユニバーサルオラクルカードを使った感想は?

それでは実際にカードを使って女神からのメッセージを受け取ってみます。

40枚のカードの中には世界中の様々な女神様がおられ、どの女神様が出てきてくださるのか、ドキドキしながら1枚引きました。

出てきたのは、「3.ベストなタイミング」と書かれたカードです。

解説書で確認したところ、これはマリア様のカードのようです。

パステル調のレインボーカラーが美しいです。キラキラした浄化のエネルギーが伝わってくるように感じます。

絵札には目を閉じて微笑みをうかべる女性がいて、周囲には百合の花を持つマリア様や天使たち、それから虹や白い鳥といった吉兆を告げる存在が描かれています。

ハートや星がたくさんちりばめられていて、何だかとても幸せな気持ちになります。

続いて解説書を見ていきます。

『すべてが必要なタイミングで起きていることを知ってください。

そのことに気づいているとシンクロがたくさん起きますよ。

あなたのエネルギーは天に届いていますから、ポジティブなエネルギーを発してください。

そして天からの導きを喜びを持って受け入れてください。

天の意図とあなたの意図を一致させることが大切なのです。

愛ある意図には天からのサポートがやってきます。

そのエネルギーを受け取って循環させていきましょう。

愛のエネルギーは連鎖してワンネスに誘われます。』

要約すると、このようなことが書かれています。

解説自体の文字数は少なめですが、やさしい言葉で大切なことが書かれていると感じました。

ユニバーサルオラクルカードをお勧めの方は?

このカードは、見た目、イメージどおりのカードです。

ですから今、この記事を読んで良いと感じて下さった方は、ぜひ手にしていただければと思います。

ただし、このカードはあなた自身のハートと向き合うことを目的としていので、他人の気持ちを占うことはできません。

あなた自身のハートと向き合って、ワンネス(この世界のすべては一つという感覚)へと繋がっていくためのカードなので、現在の状況を分析したりする使い方は向いていません。

エネルギーを感じてイメージを受け取りやすいカードなので、チャネリングに興味のある方はこのカードを使い練習をしてみるのも良いでしょう。

もともと女神や、かわいい絵が大好きな方は、持っているだけで幸せな気持ちになれそうです。

少し変わった使い方としては小さいお子さんと一緒に使うこともできそうです。

外出した際、ちょっと時間が空いてしまって子どもが退屈し始めた・・・。そのような時に、このカードを取り出して見せてあげると気分転換になることでしょう。

気軽に持ち歩けるので、外出先でも使えるオラクルカードを探している方には良いカードだと思います。

 

まとめ 

ユニバーサルオラクルカードの意味と特徴、使い方や感想などを紹介しました。

このカードは、女神の愛を通して自分自身のハートと繋がり、すべてのエネルギーをハートで調和させていくことを目的として作られました。

作者はパステルカラーのエンジェルアートで有名なエレマリア氏です。

明るくて見ているだけで心が開放されていくような気持ちになる彼女の絵は、国内外のスピリチュアリスト達に人気があり、高く評価されています。

このオラクルカードの絵札には女神イシス、女神ダナ、女神ペレ、豊穣の女神アバンダンティア、瀬織津姫、観音といった世界中の女神が描かれています。

カードのサイズは一般的なオラクルカードの半分ほどの大きさと厚さでコンパクトで持ち運びがしやすいです。

解説書は手のひらサイズの豆本のような大きさなので情報量は少なめですが、「今あなたがハートとつながるために必要なメッセージ」が、無駄のない言葉で書かれています。

気軽に持ち歩けて、自己との対話のツールとなるようなオラクルカードをお探しの方にはとても良いカードだと思います。

この記事を読まれユニバーサルオラクルカードに興味を持っていただければ幸いです。

【関連記事はこちら▼】
女神のパワーオラクルの意味と特徴は?使い方と感想も分かる!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
オラクルカード
にほんぶろぐ村
日本ぶろぐ村
カモシカおやじの趣味ブログ
タイトルとURLをコピーしました