龍神カードの意味と特徴は?使い方や感想も分かる!

オラクルカード
スポンサーリンク

この記事は龍神カードの意味と特徴、使い方や感想を紹介します。

「幸せと豊かさへの扉を開く」とのサブタイトルの付けられた龍神様のサポートが得られる魔法のカード。
あなたもこれを読めば龍神カードの意味と特徴、使い方や感想をしっかり知ることができます。

仕事や恋愛、お金や人間関係など人生のさまざまな場面に役に立つ竜神カードの魅力をお伝えします。 

 龍神カードの意味と特徴は?

幸せと豊かさへの扉を開く「 龍神カード」は、日本の龍神ブームの火付け役となった『「龍使い」になれる本』の著者である大杉日香理氏によって作られました。
大杉氏は、龍使いとして全国の神社を参拝しながら起業家として活躍されています。

イラストは「日本の神様カード」「日本の神託カード」でお馴染みの大野舞氏。
和やかで親しみやすい絵柄、そしてはっきりした色使いの中に落ち着いたスピリチュアリズムを感じさせるイラストレーターです。

この龍神カードには38種類のさまざまな龍神が表情豊かに生き生きと描かれています。

そしてカードの上部には龍神の名前、下部には龍神からの一言メッセージが記されています。

龍神カードは、ぱっと見ただけでもおおよその意味がわかり、今までオラクルカードを使ったことがない方でもメッセージを受け取りやすいカードです。

解説書がついており、それぞれの龍神の性質とカードの意味、各龍神からのメッセージが書かれています。

解説書にはパワーが得られるアイテム、場所、食べ物、ボディケアなど龍神とつながるためのアクションも紹介されています。

このカードは2017年に発売されて以来、たちまち人気となって版を重ね、とうとう2020年には待望のミニ版が発売されました。
トランプサイズのミニ版は手の小さな女性にはより使いやすく、持ち運びにも便利です。

作者の大杉日香理氏は、龍神と人間が繋がりやすくなるためにこのカードを作りました。

龍神達はいつも人間を応援して助けたいと思っていますが、高次の世界では「人間が助けを求めない限り、一方的に人間を助けてはいけない」という決まりがあり、手を貸すことができません。

ですが、「助けを求めてくれればいつでも力になれるのに。」と龍神達は思ってくださっているのです。

あなたがこの龍神カードを引くことにより「私は龍神のサポートを求めています。」と意思表示をするので龍神は人間を助ける機会を与えられます。

毎日龍神カードを引いて、簡単にできることから実行して少しずつ運の流れに乗っていくと、ある日突然、龍神からのサポートがドカンと入ってくる。
そんな感じのする少し不思議で楽しいカードです。

スポンサーリンク

龍神カードの使い方は? 

龍神カードは好きなときに何度引いても構いません。
またカードを引く前にお香を焚いたり、祝詞を唱えたり、そういった儀式的なことをする必要もありません。

作者の大杉氏によると3週間続けてカードを引くと、龍神カードを引く習慣がついて、決断力が格段にアップするとそうです。最初の3週間は毎日カードを引くことをおすすめします。

いつでもどこでも気軽に使える龍神カードですが、一つだけ大切なことがあります。
それは龍神カードに「問いかける」ことです。

このカードは実践をうながすカードなので欲しい結果を得るためにはどうすればいいのかを必ず聞くようにします。

たとえば「〇〇を成功させるためには、どうすればいいですか。」「やる気を出すには、どうすればいいですか」といった具合です。

また何か迷っている場合には「〇〇をした場合」、「〇〇をしなかった場合」、それぞれについて1枚引いてみて、両方のカードを見比べて選択します。

毎日カードを引いていると、何も質問が思い浮かばない日もあるかもしれません。
そんな時には次のように質問してみるのもよいでしょう。

「今日1日を幸せに過ごすには、どうすればいいですか。」
「今の自分は、どんなテーマを意識すればいいですか。」

質問には良いも悪いもありません。
ですから遠慮せずに思うままに質問してください。

龍神は人間の魂の成長を願っています。どのような質問であっても必ずヒントを与えてくれます。ただし自分の利益のみを追求した身勝手な願いは聞き入れられないので気をつけてください。

まずは3週間、カードを引き、そして龍神とつながりやすくなるパワーアイテムを意識して取り入れてみてください。

またカードを引いてメッセージを受け取る以外にも、なりたい状況にあわせた龍神カードを持ち歩くことで「お守り」としても活用できます。

理想の状態を表すカードをスマホの待ち受け画面にして眺めるのもよい方法です。
きっと何らかの手ごたえが感じられることでしょう。

龍神カードを使った感想は?

実際のカードの使い方ですが、解説書には1枚引き、2枚引き、3枚引きの使い方が紹介されています。どの引き方でも基本の引き方は同じです。

まずは38枚すべてのカードを裏向きにして、心を静めます。
そして心の中で龍神に3回問いかけて念じます。

それから丁寧にシャッフルして、すべてのカードを裏向きで扇形にならべてから、気になるカードを引きます。

実際に一枚引いてみましょう。
「今、私が意識すべき事は何ですか。」と質問しました。

そして出てきたカードがこちらです。
「8 白龍」視野を広げてゆったりかまえる、です。

最初に絵柄を見ます。
名前通り白い色をした龍が蓮の上に乗っていますが、白龍にはどっしりした落ち着きがあります。

その表情には威厳があり、何か悟ったような感じです。
そして背景は黄色がベースで、ところどころに渦の模様が見られます。

黄色には変わるという意味がありそうですし、渦はおそらく流れを意味しているのでしょう。
ということは、この白龍は変化の波に乗るためのアドバイスを伝えてくださるのかもしれません。

そのように想像してから解説を見ていきます。

解説の一部を抜粋すると、意味として「余裕を持ってゆったりかまえることで、スムーズな循環を生み出します。大きな流れに乗って出発するときが来たことを告げています。」と書かれています。

そして龍神からのメッセージとして、「まずは焦らず、力を温存して、次の動きが起こるまで待ちましょう。流れに身を任せることで、物事はうまく運びます。」と書かれています。

つまり、今は待ちの姿勢でいることが大事と言われていて、焦りは禁物ということですね。

パワーアップの行動としては、リンパマッサージなど巡りを良くすること。ラッキーフードは白い食べ物。そして蓮の花をモチーフにしたアイテムが吉となっています。

このような感じで毎日気軽に使ってみてください。

スポンサーリンク

幸せと豊かさへの扉を開く 龍神カードをお勧めの方は?

龍神が好きな方はもちろん、龍神に興味があって、龍神からのサポートを受け取りたい方には強くおすすめします。

それからオラクルカード初心者にとっても大変よいカードです。

オラクルカードからのメッセージには、内省を促すものも多いですが、でも行動が変わらなければ現実は変わっていきません。

龍神カードは「オラクルカードからのメッセージを受け取って実践していく」ことを習慣づけるのには最適です。

その他、考えるだけで行動できない方や願いを叶えるためにどのように行動すればいいのかわからない方にもおすすめします。

毎日龍神カードを引くことで、その日一日のテーマをいただけます。

それを意識しながら行動を続けていくことによって、あなたの現実は少しずつですが確実に変わり始めることでしょう。

龍神は意識すればするほど反応して、様々な形でメッセージを送ってくれます。
ふと空を見上げると龍の形をした雲が現れたりすることがあるかもしれません。

そんな時は龍神があなたを応援しているよとサインを送っているのです。

龍神を信じてカードを引き続けることで思った以上の現実が創造されていきます。
そう信じられる方はこのカードを使ってみてください。

まとめ 

幸せと豊かさへの扉を開く 龍神カードの意味と特徴、使い方や感想などを紹介しました。

このカードには38種類の龍神が描かれていますが、どの龍神も人間の魂の成長と幸せを常に応援してくれます。

たとえ神社やパワースポットに向かわなくても、このカードを引くことで龍神からのメッセージを受け取ったり、龍神とつながるためのアクションを知ることができます。

そして何か特別すごいことをしなくても、この龍神カードからのメッセージを意識して行動していくことで、知らず知らず運の流れに乗れるようになっていきます。

毎日を気持ち良く過ごしたい方はもちろん、新年や誕生日などの節目を迎えた時、それから進学や就職といった始まりを意識する時、何か目標に向かってチャレンジする時には力強い応援アイテムとなってくれます。

毎日できそうなことを楽しみながら実行していくうちに、ある日突然龍神からのサポートが入ってきて、思った以上の現実が創造されるかもしれない、そんな不思議な期待と楽しさのあるカードです。

この記事を読んで龍神カードに興味を持っていただければ幸いです。

【関連記事はこちら▼】
日本の神託カードの意味と特徴は?使い方や感想、お勧めの方も分かる!
日本の神様カードの意味と特徴は?使い方や使った感想も紹介!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
オラクルカード
スポンサーリンク
スポンサーリンク
カモシカおやじの趣味ブログ
タイトルとURLをコピーしました