ハイパーシーンの意味と効果がすごい!石言葉や相性、浄化方法は?

パワーストーン

この記事は、ハイパーシーンの意味と効果、石言葉や相性、浄化方法などを紹介します。
ハイパーシーンは、さまざまな輝きの表情を持つ黒色のパワーストーンです。

あなたもこれを読めばハイパーシーンの意味と効果、石言葉や相性、浄化方法などを知ることができます。

それでは、黒色に輝き、超越した強さを象徴するといわれるハイパーシーンの魅力をお伝えします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ハイパーシーンの意味と効果、石言葉は?

ハイパーシーンは、神秘的な黒色の輝きを持つパワーストーンです。
一見、単一の黒色に見えますが、光が当たると虹色のような輝きが生じるイリデッセンス効果を持ちます。

ハイパーシーンの「超越した強さ」という意味の名前は、ギリシャ語の「超越(Hiper)」と「力(Sthenos)」からきています。

さまざまな名称を持ち、エンスタタイト、パイロキシン、ハイパースシーンなどとも呼ばれます。

鉱物学的には、翡翠やクンツァイトと同じ「輝石(パイロキシン)」というグループに属します。鉱物名はエンスタタイト(頑火輝石)、主成分は、鉄やマグネシウム、ケイ酸です。

かつては輝石の中でもマグネシウム、鉄の含まれる割合により、エンスタタイト、ブロンザイト、ハイパーシーン、フェロシライトという名称で区分されていました。

その後、名前が整理され、現在では、エンスタタイト(頑火輝石)に統合されていますが、「ハイパーシーン」の旧名が流通名として今も一般的に使われています。

ハイパーシーンの和名は「紫蘇輝石(しそきせき)」です。
この石の破片を顕微鏡で見ると赤紫蘇の色に見えることが由来です。

ハイパーシーンの石言葉は「信頼バランス頂点」などです。

石言葉とはそれぞれの石の特質をあらわしたものです。
ハイパーシーンの石言葉からは、しっかりとした安定感を感じます。

 

 

ハイパーシーンの効果は以下のとおりです。

1.「優れた指導力を授ける石」といわれ、強いリーダーシップを育む力があります。

強い責任感と行動力、物事を俯瞰して読み解く力などを高めることを助けます。

2.強い意志を持って、自己を適切に管理することをサポートします。

自己の内面を鍛え、間違った方向に安易に流されないように律します。
悪い考えや誘惑を寄せ付けない魔除けの守りにもなります。

3.他人に対するやさしさや思いやりなどの誠実さも育み、人徳を高める働きもあります。

自然な形で周囲の人からの信頼を集め、良い評価を得ることができます。

 

スポンサーリンク

ハイパーシーンのお勧めの使い方は?

お勧めの状況は、リーダーや経営者としてのリーダーシップを高めたいとき。

強い意志を持ちたいとき、物事に動じることなく対処したいとき。

集中力や持続力がほしいとき、邪念や誘惑に負けたくないとき。

悪い習慣を断ちたいとき、ネガティブな気持ちを改善したいとき。

事故や災難から身を守り、 学業や仕事での目標達成のお守りとするのも良いです。

使い方は、ペンダント、ネックレス、ブレスレットとして、又はポーチに小さなストーンを入れるなどがお勧めです。

原石を室内に置いて、魔除けのお守りとして使うのも良いです。

衝撃には弱いので取り扱いには注意します。

 

黒色の中の輝きが美しいハイパーシーンのブレスレット!
意思を強くするお守りにおすすめ!クリック▼

ハイパーシーンと相性の良いパワーストーンは?

パワーストーンは、それぞれが固有の力を持ちますが、相性の良いパワーストーンと組み合わせることにより更に効果をもたらしてくれます。

ハイパーシーンと相性の良いパワーストーンです。

1.​タイガーアイ
洞察力と決断力を高める。災いやトラブルを防ぐ。

タイガーアイの意味と効果の詳しい記事はこちら▼

『ハイパーシーンとタイガーアイを組み合わせた効果』

タイガーアイには、洞察力と決断力を高めて成功へと導いたり、災いやトラブルなどの邪悪な気を跳ね返す魔除けの効果があります。

ハイパーシーンには、リーダーシップを高め、強い責任感と行動力を身につけたり、人間性を豊かにして人徳を高める効果があります。

ハイパーシーンとタイガーアイの組み合わせは、ビジネスや事業などで成功して金運を高めたり、仕事や学業などでの目標達成にも効果があります。

 

2.フローライト
直感力を高める。ストレスを開放する。

フローライトの意味と効果の詳しい記事はこちら▼

『ハイパーシーンとフローライトを組み合わせた効果』

フローライトには、精神を安定させて人間関係をスムーズにしたり、直感力を高めたり、ストレスを開放してリラックスさせる効果があります。

ハイパーシーンには、「優れた指導力を授ける石」といわれ、強いリーダーシップを育む力があります。

この2つを組み合わせることにより目標達成へと進める働きが高まります。周囲と孤立することなく上手く調和してビジネスや事業などで成功を収めることができるでしょう。

ハイパーシーンの浄化方法は?

ハイパーシーンもパワーストーン一般と同じように使用したり、室内に置いて置くだけでもマイナスのエネルギーを吸収するので定期的に浄化が必要です。

一般的なパワーストーンの浄化の方法は以下のとおりですが、ハイパーシーンの場合は日光による浄化は変質の可能性があるため、避けて下さい。

 

[水による浄化]
水道水を少し流して、その下にパワーストーンを置いて1~2時間程度そのままにします。
又は川の流水の中に同様にさらします。

[日光による浄化]←ハイパーシーンの場合は変質の可能性があり避けて下さい。
晴れた日に昼間1時間から半日の間、日光にさらします。

[月光による浄化]
晴れた満月やその前後の日にほぼ一晩中、月光のもとにさらします。

[水晶クラスターによる浄化]
水晶が群状になった水晶クラスターの上にほぼ一日置いておきます。

[塩による浄化]
皿などに天然塩を盛り、その中にパワーストーンを丸一日埋めておきます。

[煙による浄化]
セージ(ハーブ)を焚き、煙の中にパワーストーンを数回くぐらせ、まんべんなく煙を行き渡らせます。

 

スポンサーリンク

まとめ

ハイパーシーンの意味と効果、石言葉と相性、使い方、浄化方法についてまとめました。

ハイパーシーンは、鉱物学的には翡翠やクンツァイトと同じ「輝石(パイロキシン)」というグループに属し、鉱物名はエンスタタイト(頑火輝石)です。

ハイパーシーンという名前はかつての名称で、現在では正式名称ではありませんが、「ハイパーシーン」の旧名が今でも流通名として一般的に使われています。

一見、黒い石ですが、光が当たると虹色のような独自の輝きが生じる性質があります。

「優れた指導力を授ける石」といわれ、強いリーダーシップ、責任感と行動力、物事を俯瞰して全体的に理解して読み解く力などの指導者としての必要な能力をサポートする働きなどがあります。

ハイパーシーンをお勧めの状況は、リーダーや経営者としてのリーダーシップを高めたいとき。
強い意志を持ちたいとき、物事に動じることなく対処したいとき。

集中力や持続力がほしいとき、邪念や誘惑に負けたくないとき、悪い習慣を断ちたいとき、ネガティブな気持ちを改善したいとき、などに有効です。

事故や災難から身を守ったり、 学業や仕事での目標達成のお守りとするのも良いです。

管理人のハイパーシーンの印象ですが、いかにも男性に好まれるパワーストーンという感じです。

黒色の石の中に浮かび上がる輝きが、美しくとてもクールな印象で、ずっと見ていても飽きが来ません。

ハイパーシーンにご興味を持たれた方は、是非とも実際に手に取って確かめられてはいかがでしょうか。

【関連記事はこちら▼】
オニキスの意味と効果が分かる!誕生石と石言葉、使い方や浄化は?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
パワーストーン
スポンサーリンク
スポンサーリンク
カモシカおやじの徒然日記