オブシディアン(黒曜石)の魔除け力がすごい!使い方やアクセサリーは?

パワーストーン
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事はオブシディアン(黒曜石)の魔除け力や効果的な使い方、アクセサリーを紹介します。

オブシディアンは、太古より強力な魔除けのパワーで知られてきました。

あなたもこれを読めばオブシディアンの魔除け力や効果的な使い方、アクセサリーを知ることができます。

オブシディアン(黒曜石)はどんな石、石言葉は?

オブシディアン(黒曜石)はおよそ5万年ほど前に、火山の溶岩が急速冷却されて出来た黒っぽいガラス質の石です。

見た目はガラスによく似ており、割ると刃物のように鋭利になるのが特徴です。

 

 

人類とかかわりの深い石で、古代の人々はこの石の鋭さに早くから気づいており、後期旧石器時代にはすでに道具として使われていたようです。

主に狩猟のための石槍や矢じり、短剣として、さらに皮を剥いだりや肉を切ったりするための石器としても利用されていたことが分かっています。

また南アメリカのアステカでは、15世紀まで鉄を使う文化がなかったため、オプシディアンを刃物のように使用していました。

オプシディアンは世界中の火山帯で採掘されてきましたが、石器以外でも魔除けや占いの儀式に使われていたことが分かっています。

変わったところでは、古代メキシコのアステカ族は、オブシディアンを粉末にして鎮痛剤として使っていたようです。

オブシディアンという名前は発見者のオプシウスという名前からきています。日本では見た目の美しさから黒曜石と名づけられました。

石言葉は、「摩訶不思議」「集中力」「潜在能力の開花」です。

 

オブシディアンは神の力が宿る石

古代の人々にとって、どんなものでも容易に切ってしまうオブシディアンは不思議以外の何物でもなかったのでしょう。

艶やかで黒めいたこの石は、鏡や仮面、宝飾品として用いられるほど美しいにもかかわらず、鋭利な刃物としても使うことができるのです。

ですから古代の人々はオプシディアンを神がもたらした石だと感じていたのでしょう。

 

スポンサーリンク

オブシディアン(黒曜石)の魔除け力がすごい!

オブシディアン(黒曜石)は、古くから世界各地で魔除けの儀式に使われてきた石です。日本でも信仰の対象として黒曜石が祀られている地域があります。

またジブリのアニメ「もののけ姫」にも黒曜石と思われる石が登場しています。

主人公のアシタカは映画の序盤の旅立ちの際、婚約者から玉の小刀をいうペンダントをお守りに貰っています。このペンダントの石が黒曜石だとみられています。

古くから黒い石には強い守護の効果があると信じられてきました。

そしてオプシディアンの光沢は鏡として用いられたこともあります。

さらにこの石は火山の噴火によってできた石なので、火のエネルギーを強く持っています。

黒い色、鏡の力、すべてを焼き尽くす火のエネルギーを備えたオプシディアンは、ネガティブに対して積極的に立ち向かう力を持つ石です。

 

一般的に黒いパワーストーンにはどれも魔除けの効果があるとされています。

オブシディアン(黒曜石)は有名な石ですが、同じくらい有名な黒い石として、モリオンとオニキスがあります。

どれも強い魔除けの効果があるとされていますが、それぞれ石の性質が異なります。

モリオンは水晶の仲間です。水晶は水と親和性があるので、水で清めるようなエネルギーで魔除けと浄化を行います。

オニキスはめのうの仲間なので、すぐれた防御力で魔除けを行います。

 

オプシディアンは火山の溶岩でできた石なので、外に向かっての働きかけが強いです。不要なものを自らのエネルギーで除去しようとします。

同じように黒いパワーストーンですが、それぞれの個性があります。

より確実な魔除け効果を望むのであれば、石の特徴を知って使うことが大切です。

オプシディアンの魔除け力の特徴は?

オプシディアンが特に得意とするのは「悪縁を断つ」ことです。

これは他のパワーストーンにはあまりない特徴です。別名「縁切り石」と言われているほどです。

たとえばクレーマーやストーカーじみた人、煩わしく感じる人、このような人との縁を断ち切りたい時に有効です。

それから自分自身の断ち切りたい悪習慣に対してもオプシディアンは力になってくれるはずです。

何かを決意してもいつも続かない、依存癖が止まらない、このような場合はオプシディアンを持ってみると良いでしょう。

スポンサーリンク

オブシディアン(黒曜石)の効果的な使い方、アクセサリーは?

オブシディアン(黒曜石)には相手のネガティブを取り除くエネルギーがあります。

一般的なパワーストーンは邪気を祓いますが、オプシディアンは魔を除けます。つまり避けるのではなくて除去するように働きかけます。

オブシディアンの魔除け効果を引き出すには、人目につくような持ち方が望ましいです。身近なところに置いてください。キーホルダーやストラップでもかまいません。

家の中に置くならやはり玄関です。ネガティブな人が近寄らなくなります。

オプシディアンはネガティブには厳しい石ですが、良好な人間関係を阻害することはありません。ですから安心して使ってくださいね。

 

それから、この石には持ち主のエネルギーをプラスにして増幅する作用があるとされます。

現状を打破したくても今一つ強気になれないと感じるのであれば、オブシディアンの強いパワーにサポートしてもらうとよいでしょう。

また叶えたい願いがある場合、オプシディアンを持つことで自分から行動したくなるように仕向けてくれます。背中を押してほしい場合にはとても頼りになる石です。

優柔不断で集中力が続かないタイプの方にとっては、オプシディアンのエネルギーは強い味方になってくれるでしょう。

 

網目模様が美しいオブシディアンのブレスレット!
本質を見通し、魔除けのお守りにおすすめ!クリック▼

オブシディアンのアクセサリーとしての使い方は?

オブシディアン(黒曜石)をアクセサリーとして持つなら、人の目にとまりやすいペンダントがおすすめです。

ガラス質の石なのでブレスレットとして持つ場合は割れないように気をつけてください。

また、ピアスやイアリングとして耳につける場合、耳はエネルギーに敏感なので、エネルギーに酔ったと思ったらすぐに外してください。

オブシディアンと他の石との相性は?

オプシディアンは個性が強い石なので他の石との相性はいまひとつですが、ジャスパーとの合わせ使いはおすすめです。

ジャスパーは持ち主の心身のエネルギーを高める働きがあるとされるので、オプシディアンのエネルギーを使いこなせる強い自分になれそうです。

また最強の魔除け効果を期待してオプシディアンとモリオンとオニキスを一緒に持とうと思われるかもしれませんが、これはおすすめできません。

この3つを同時に使うということは、例えるならば強い個性を持った性格の異なる役者を3人舞台に立たせて即興劇を行うようなものです。

もちろん石同士はケンカをすることはありませんが、そのような強いエネルギーを受け取れば持ち主は激しく疲れるはずですし、そうなると逆に持ち主のエネルギーが混乱してパワーダウンする可能性があります。

ですから、現在どのような魔除けが必要なのかをよく考えて使うことが大切です。

オプシディアンには陰と陽を映し出す鏡の役割もあります。

もしあなたが魔除けを望んでいるとしたら、必要以上に魔を恐れるのではなくて、まずはオプシディアンで自己の内面を見つめてみるのもよいかもしれません。

オブシディアンのエネルギーが強いと感じる場合は?

オプシディアンは黒々とした光沢のある石ほどパワーが強い傾向がありますが、パワーストーンに慣れていない場合は強すぎて疲れてしまうかもしれません。

日ごろパワーストーンに馴染みがない場合は、白いまだら模様のあるスノーフレークオブシディアンから始めてみてもよいでしょう。

見た目も黒い石に雪がかかったように見えてかわいいです。

スノーフレークオブシディアンのエネルギーはマイルドです。

持ち主の意識に働きかけながら真実を見せようとします。そして勇気を持つように促します。

オブシディアンの浄化について

オブシディアンの浄化は定期的に行いましょう。強い石ではありますが、オプシディアンも邪気と戦っていますので時々は休ませてあげましょう。

浄化の方法ですが、塩を使った浄化は避けてください。変色の怖れがあるからです。それ以外でしたら、どの方法でも問題はありません。

太陽、月、水、水晶クラスター、セージの煙を使った浄化方法が一般的ですが、その時の気分で選んでみてもよいでしょう。

 

まとめ

オブシディアン(黒曜石)の魔除け力や効果的な使い方、アクセサリーを紹介しました。

オブシディアン(黒曜石)は火山の溶岩が急速冷却されることで出来た黒っぽいガラス質の石です。見た目はガラスによく似ており、割ると刃物のように鋭利になるのが特徴です。

石器時代には狩猟のための石槍や矢じり、短剣として、それから皮を剥いだりや肉を切ったりするための道具として利用されていました。

石言葉は、「摩訶不思議」「集中力」「潜在能力の開花」です。

オブシディアン(黒曜石)は、古くから世界各地で魔除けの儀式に使われてきました。

黒い石には強い守護の力がありますが、加えてオプシディアンにはすべてを映し出して反射する鏡のエネルギーも備わっています。

もともとが火山の溶岩なので火のエネルギーも秘めています。

そのため強い魔除けの力があるとされます。オプシディアンが特に得意とするのは「悪縁を断つ」ことです。

別名「縁切り石」と言われているほどなので、たとえばクレーマーやストーカーのような人、煩わしく感じる人、このような人との縁を断ち切りたいときに有効です。

また、自分自身の悪習慣を断ち切りたいときにもオプシディアンは効果があります。

この石を効果的に使うのであれば、人目につくように使ってください。

家に置くなら玄関、身につけるならペンダントがおすすめです。キーホルダーやストラップも有効です。

オプシディアンのパワーが強すぎると感じる場合は、白いまだら模様のあるスノーフレークオブシディアンから始めてみるのもよいでしょう。

定期的な浄化が必要ですが、浄化は塩を使った浄化は変色の可能性があるので避けてください。それ以外の方法はどれでも問題はありません。

オブシディアン(黒曜石)は強い魔除けの効果がありますが、自身と向き合わせて真実に気づかせようとする石でもあります。あくまでも主役は人で、オブシディアンはサポートをするパワーストーンです。

オプシディアンは強い意志と覚悟を持ったあなたに力を貸してくれる石だと思いますのであなたの人生に役立ててくださいね。

 

ハワイで浄化したパワーストーンを使ったお洒落なアクセサリー!クリック
おしゃれに身に着けられるパワーストーンジュエリ─【MALULANI HAWAII】

 

【関連記事はこちら▼】
オブシディアン(黒曜石)の意味と効果が分かる!石言葉と浄化は?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
パワーストーン
にほんぶろぐ村
日本ぶろぐ村
カモシカおやじの趣味ブログ
タイトルとURLをコピーしました